あなたとわたし

嵐JUMPセクゾ。すきなもの×すきなこと

ジャニーズ×ハリーポッター

初めての方もそうでない方もこんにちは、バ部です。

今回は嵐とJUMPとセクゾがホグワーツに入学したらどの組に入るのか?妄想をしていきます。
ハリーポッターは知ってるけど、組みわけのシステムがわからない!という人のために、以下から組みわけ帽子の歌 を参考に説明させていただきます。

グリフィンドール
グリフィンドールに入るなら  勇気あるものが住まう寮  勇猛果敢な騎士道で  他とは違うグリフィンドール
主人公であるハリー・ポッターもグリフィンドールであることから、正義感が強く勇気のあるものがグリフィンドールに入るようです。明るい人が多く、団結力が強いのが特徴です。


ハッフルパフ
ハッフルパフに入るなら  君は正しく忠実で  忍耐強く真実で  苦労を苦労と思わない
原作ではあまり目立たないハッフルパフですが、温和な性格の人が多く、和やかなムード漂う寮です。主人公格ではないけれど一緒にいると安心するな〜って感じの。


レイブンクロー
古き賢きレイブンクロー  君に意欲があるならば  機知と学びの友人を  必ずここで得るだろう
知性を重視する寮で、ハーマイオニーもグリフィンドールかレイブンクローで悩んでいましたね。少しプライドが高いところも。


スリザリン
スリザリンではもしかして  君はまことの友を得る?  どんな手段を使っても  目的遂げる狡猾さ
みんな大好きスリザリンです。原作では悪いイメージですが、実際は貪欲に上を目指す、ストイックな集団でもあります。

大体のイメージはついたでしょうか?それでは、嵐とJUMPとセクゾはどの寮に入るのか、妄想していきましょう。


グリフィンドール
嵐からは相葉さんと松本さんがグリフィンドールに選ばれました。魔法生物学以外はてんでダメな相葉さんですが、持ち前の運動神経でクィディッチのキャプテンを務めています。なぜ彼が杖を振ると爆発が起こるのか、それはホグワーツ七不思議の一つとして後世に語り継がれていくのです…。反対に松本さんは魔法生物学以外そこそこできます。どうしてもヒッポグリフ(ダチョウに似た魔法生物) を可愛がりたかった松本さんは、相葉さんの髪の毛一本拝借し、リジュース薬を飲んで相葉さんになりきるという暴挙に出ましたが、それでもヒッポグリフは松本さんに懐かなかったのでした。
JUMPからは光くん、有岡くん、裕翔くんがエントリー。何とも騒がしい面々です。3人ともクィディッチのエースで、休日はよく練習をしています。光くんの得意科目は「占い学」。よくフードを被り水晶とタロットを持ちつつ不気味な笑みを浮かべ校内を彷徨いていますが、彼が一体何をしたいのか相棒である薮様でもわからないそうです。有岡くんはいつも新しい呪文の開発に忙しそうです。最近は「底冷えの魔法」を編み出したようですが、あまりにも使いどころが限定されているため、まだ一度しか使ったことがないそうな。裕翔くんはいつも楽しそう。「ねぇ!ゾンコのいたずら専門店行った!?鼻くそ爆弾大量に買ったからお裾分けするね!」ごめんけど、いらない。
セクゾからはケンティーが入寮したようです。彼は授業態度もよく成績も申し分ない生徒ですが、一つ難点を挙げるとすればクィディッチの試合中にやたらとポーズを決めること」でしょうか。見る分には面白いですが、彼がポーズを決めるのに夢中になっていたためにスリザリンに負けたあの試合を、グリフィンドール生は一生忘れませんからね。
6人は全員クィディッチのレギュラーメンバーですが、作戦会議ではいつも自己主張が激しいためまとまりません。それでもホグワーツ史上最強チームと呼ばれている所以は、本番に強いスター性を全員持っているからなんでしょうね。

ハッフルパフ
大野さんクィディッチのシーカーで、いつもは眠そうですがやる時はやるリーダーです。しかし呪文を全く覚えられないため、筆記の成績は下の下。実戦なら呪文唱えなくても「えぇいっ!」と何とかしてしまうんですけどねぇ…大野さんっょぃ。
ゅぅゃはいつも湖の畔で日向ぼっこしてます。無自覚モテ男なので、話しかけてきた水中人(マーピープル)にビビりつつも、優しく話し相手になってくれます。クィディッチではキーパーをしていますが、「あっぶね!!」「痛った!!」と叫んでばかりいます。実は「闇の魔術に対する防衛術」が得意科目。
けいとりんは誰にでも紳士的で、まさしくハッフルパフという感じです。呪文の発音が異常に上手く、よくゅぅゃに教えています。ハリーポッターの舞台はイギリスということもあり、けいとりんが一番馴染みそうです。人を傷つける魔法は苦手なけいとりん、推せる。
松島くんとマリウスは入学したばかりの一年生です。よく勉強の教え合いっこをしているので、先輩たちは(かわいいなぁ…)と遠くから見守っています。クリスマスにはマリウスのママが編んだセーターを2人で着て、大広間でチェスを楽しんだり図書館で勉強したりします。なんだ、ここが天国か。
ハッフルパフにはボケしかいないので、よく周りをヤキモキさせています。ゅぅゃ「サラダ食べます?」智「うん」圭(レタスじゃないのかな…)聡(レタスのことかな?)マリ「聡ちゃんご飯食べたらどこ行く〜?」有岡「…レタスだよね!?俺が間違ってんの!?」


レイブンクロー
レイブンクローの監督生は翔さんです。首席でもある翔さんは、卒業したら魔法省(日本でいう国家公務員のようなもの) で働くことが決まっています。そんな優秀な翔さんは後輩たちの憧れですが、飛行術に関してはとってもカッコ悪い。まず箒に乗れない。クィディッチはやるものじゃない、見るものだ!っと言って憚らない翔さんは、めちゃくちゃカッコよくて、少しだけダサい。
薮様もレイブンクローの1人。クィディッチのキャプテンをしており、その技術と正確さで万年ビリのレイブンクローを引っ張っています。成績も満遍なく優秀ですが、ドジっ子成分も入ってるので、たまーに魔法薬学の授業中に爆発させます。爆発させる人多いな。伊野尾さんもレイブンクローですが、成績はあまり良くありません。いつも眠っているのか起きているのかわからない顔をしているので、テストの点数はいいけれど授業態度でマイナスされてしまうのです(実際眠っているときもあるので、本人は何とも言えないのですが)。伊野尾さんもクィディッチできない派なんですけど、翔さんとは違って箒には乗れます。跨るんじゃなくて、横向きに乗るんだよ。
セクゾ唯一のしっかり者、勝利くんクィディッチの選手です。薮先輩の作戦通りに動き、チームを勝利へ導きます。真面目で勤勉家な彼は、地頭がいい先輩とは違い努力してレイブンクローに入りました。勝利くんの杖には絶対ユニコーンと不死鳥の毛が使われてます!!
レイブンクローの皆さんは黙って佇んでいると物凄く高圧的で美しいんだけど、口を開くと「アレッ?」と思ってしまうような会話をしててほしい。


スリザリン
二宮さんがスリザリンなのはもはや嵐ファンの常識だと思ってます。ズル賢いというか。器用だからそこまで努力しなくてもある程度できてほしい。まぁ努力してても見せないんでしょうけど!一番得意なのは「変身術」で、動物もどき(アニメーガス)の資格も持ってるよ。もちろん柴犬に変身するよ。
山田くんはグリフィンドールっぽいじゃないですか。わかります、その意見には大いに賛同します。だけど彼の負けず嫌いさ、向上心を考えるとスリザリンなのでは!?と思いました。先輩であっても絶対負けたくない、追い抜いてみせる!とひたすらに自分を追い詰める山田くんほんとカッコイイよ。もちろん成績は優秀(まぁちょっと筆記はアレだけど…)で、クィディッチの選手でもある(あんまり高いところはダメだけど…)。緑のマフラーが似合うよ山田くん!
知念さんはあのキュートフェイスに似合わずめっちゃ強い。 呪文学も防衛術も大得意で、おまけにクィディッチではシーカーを担当するまさに小さな巨人です。スリザリン以外のみんなからも可愛い可愛いと愛でられ、絶対エースの山田くんを財布として扱い、「なんか世の中チョロい」とまで言ってのける知念パイセンに適うものなどいない…。
風磨くんはね、レイブンクローに入りたかったんだよほんとはね。だって憧れの翔さんがいるから。頭だっていい自信あったし、翔さんと一緒に勉強できたらな〜ってずっと思ってたのに、まさかスリザリンになるとは。落ち込む風磨くんでしたが、図書館を覗くとそこには憧れの翔さんが!「あれ、風磨じゃん。スリザリンになったんだって?お前ならレイブンクローになると思ってたんだけど、まぁ、勉強はスリザリンでもどこでもできるから。なんなら俺が教えるよ。毎週月曜日の夜は図書館にいるから、わかんないことあったら聞きに来いよ」〜そうして始まる風磨くんと翔さんのシークレット・レッスン〜


さて、如何でしたでしょうか。本当はマグル生まれとか純血とか、そこまで書きたかったんですが長くなりそうなのでやめました。
ハリーポッターの続編(と言っていいのか)も決まりましたし、今後も定期的に脳内ハリポタパロ祭りは開催されそうです。